日本穀物検定協会

北京連絡事務所だより

北京連絡事務所だより

中原公司との覚書調印

当協会は中検集団中原農食産品検測(河南)有限公司(略中原公司)と業務提携の覚書を締結し、小麦、小麦粉及び加工製品をはじめ、農産品、食品、飼料等の安全性検査、品質検査等の分野で協力関係を強化することで合意しました。河南省は小麦の主産地であり、年間生産量は3千万トンにも上ります。食の多様化に伴い、安全性検査、品質検査のほか加工適性検査等の需要は高まっており、同公司と業務提携を通じて日中の食品安全や品質の向上に貢献してまいります。

 

 

<調印式(中原公司董事長 憑躍生副(左)と東京分析センター長 松倉 潮())>

 

<中原公司のオフィス前(中原公司と穀検の関係者)>