日本穀物検定協会

容器包装規格試験

フレキシブルコンテナについて

 米麦用フレキシブルコンテナ等の安全性の基準(食品衛生法第18条第1項に基づく容器包装等の規格または基準)に対応した分析試験を実施しています。

 

 

 

分  析  試  験  項  目 試験方法,溶出条件
材質鑑別試験
器具及び容器包装規格試験 合成樹脂一般
(一般規格)
材質試験 カドミウム
溶出試験 重金属(鉛として) 4%酢酸,60℃,30分間
過マンガン酸カリウム消費量 水,60℃,30分間
個別規格※2 溶出試験 蒸発残留物 水,60℃,30分間
 ※ 1
昭和34年厚生省告示第370号の第3のD における「合成樹脂製の器具又は容器包装」に準ずる。

ただし、使用温度は100℃以下 。

 ※ 2 PE及PPの規格

試料は、フレキシブルコンテナ袋のまま送付してください。

無理な場合はA4版、2枚以上を送付してください。

ご依頼時は、分析試験項目欄に

『米麦用フレキシブルコンテナの安全性試験(全項目)』

とご記入ください。

米麦用フレキシブルコンテナの安全性試験のお問い合せ、ご依頼は

本部 連絡調整グループ
T E L: 03-3668-0911
F A X: 03-3668-0058 
E-mail: bunseki-c-hed@kokken.or.jp