日本穀物検定協会

協会の概要

個人情報保護等の利用目的について

一般財団法人日本穀物検定協会(以下「当協会」といいます。)が取り扱う個人情報(保有個人データを含みます。)の利用目的は次のとおりです。

No 事業分野等 利用目的
01 農産物及びその製品等の品質、数量並
びに包装容器の検定
  1. 依頼の受付
  2. 契約の締結・履行・契約に付帯するサービス
    の提供
  3. 費用・代金等の請求・決済
  4. 当協会の提供するサービスに関する各種情報の提供
02 飼料及びその原料等の品質、数量並びに包装容器の検定
03 食品及びその原料等の品質、数量並びに包装容器の検定
04 検定方法、食品等の品質の向上及び食品衛生に関する試験研究並びに食品衛生に関する検査
05 計量の証明及び管理並びに計量観念の普及徹底
06 検定計量技能者の養成訓練
07 貨物の引渡し及びその保管管理に関する調査研究
08 船積農産物、飼料及び食品等の検量
09 その他当協会の目的達成に必要な事業等
  1. 業務遂行に必要な範囲で行う取引先、関係団体、一般消費者等への連絡
10 研修・講習
  1. 申込の受付
  2. 受講者の確認、受講者名簿の作成・参加者への配布
  3. 報告書・修了証書等の発行
  4. 業務遂行に必要な範囲で行う取引先、関係団体等への連絡
11 採用・雇用管理等
  1. 採用の合否の判断
  2. 雇用の維持・管理
  3. 健康保険組合等関係機関・団体への提供
  4. 身元保証人等に対する当協会からのご通知・ご連絡等
  5. 役職員名簿の作成
  6. 当協会OB 会運営、協力
* その他、業務を適切かつ円滑に履行するため、利用させていただきます。