日本穀物検定協会

米の鮮度判定

分析試験依頼書


米の鮮度を画像で確認し、数値で管理できる鮮度判定器をケットと共同開発

鮮度判定図

左から 鮮度判定器、
pH測定の画面、
手前 専用トレイ、pH指示薬

 

パンフレット(PDF:129kb)

当協会では1970年に米の鮮度判定指示薬(pH指示薬)を開発しており、さらにこの試薬を利用した鮮度の段階を一粒毎に分光光度計で計測、コンピューターで数値化し、判別する技術を1990年代後半に開発しました。
そして、この技術を用い、ケット科学と共同で、鮮度判定器(パソコンでの評価ソフト「鮮度マイスター」含む)を開発しました。鮮度判定器は、ケット科学で販売しています。
精米を一粒毎に専用トレイに入れ、鮮度判定指示薬(pH指示薬)で呈色後、スキャナで米粒を撮影し、米粒表面の画像処理で得られたpHを鮮度判定評価ソフト「鮮度マイスター」で確認することができます。
pH測定の画面では、鮮度評価のための平均値や標準偏差などが数値で表示され、pHイメージの画面では、一粒毎のpHを5段階評価基準により色分けされた粒を確認できます。