日本穀物検定協会

 

食品の放射能検査について

 

一般財団法人 日本穀物検定協会 東京分析センター及び中央研究所は、放射能試験、残留農薬試験において試験所の能力に関する国際規格であるISO/IEC17025試験所認定を取得しました。

 当協会が取得したISO/IEC17025試験所認定は、ILAC(国際試験所認定協力機構)の相互承認と、MRA(相互承認協定)により、『技術的に妥当な結果を出す能力を有する試験所 』 と国際的に認知され、上記の複合シンボルの付いた当協会の成績書は、高い精度、高い信頼性の検査結果の提供、そして、国際的に広く通用する成績書であります。

検査結果(成績書)のご活用方法

国内向検査 実施された試験が妥当である根拠にご活用頂けます。
海外向検査

輸出先国での受入れ時の検査証明にご活用頂けます。

(国際的に通用する成績書)

認定内容

認定機関 公益財団法人 日本適合性認定協会
認定番号 RTL03560
認定範囲

放射能・放射線試験・食品試験(附属書による)

認定対象項目 附属書による    ※詳細はこちら
認定対象品目

(放射能検査)

 一般食品、乳児用食品、牛乳、飲料水、

  食品添加物、飼料、飼料添加物、肥料

(残留農薬検査)

  米穀、小麦、大麦

 (有害金属検査)

  米穀、麦類

 (マイコトキシン)

  穀物類

   (栄養成分)

  食品

 

 

 

認定

 

 

 

 

 

 

附属書

ISO/IEC17025とは

試験を行う能力に関する、主に次の2つから構成する、要求事項を規定した国際規格

◆ 『管理上の要求事項』 ⇒ 品質システムを運営していること。

◆ 『技術的要求事項』  ⇒ 技術的に適格であること。

                  ⇒ 技術的に妥当な結果を出す能力があること。

 試験設備、品質管理ならびに高度な技術的能力を有するかどうかを、

第三者認定機関が厳密に審査し、認定基準に適合している場合に与え

る国際規格で、認定を受けることにより、国際的に通用する試験所とし

て認知されます。

お問い合わせ先

本部 連絡調整グループ