日本穀物検定協会

 

豆腐を製造するに当って原料大豆の加工適性試験は重要です。

当協会ではこの加工適性試験として、原料大豆から豆乳・豆腐を製造し、その過程での成分分析と製造した豆腐の官能試験を行うことで加工適性を明確にし、皆様の判断基準にご協力致します。

 

 

試験項目

:原料大豆「一般成分分析」

:豆乳抽出試験「豆乳製造」、「成分分析」等

:豆腐加工試験「豆腐製造」、「物性試験」、

 「官能試験」等

※ 詳細な試験項目については、こちらをご参照願います。

標準納期

 5〜7営業日

※ 試験検体数によって、納期が変更する場合が

      ありますので予めご相談願います。

試料量 1検体当り5001,000g
試験料金 試験実施点数によりますので、予めご相談願います。
依頼方法

下記の連絡先にご連絡の上、所定の依頼書でお申し込み願います。

また、ご要望に応じて試験項目の追加や削除も可能でございますので、まずは下記連絡先にご連絡ください。

 

連絡先 一般財団法人日本穀物検定協会本部

 

 

103-0026 東京都中央区日本橋兜町15−6

 

TEL 03-3668-0911  FAX 03-3668-0058

E-mail: bunseki-c-hed@kokken.or.jp

担当者 松原、竹内 

 

試料送付先

    一般財団法人日本穀物検定協会神戸分析センター

651-0084 兵庫県神戸市中央区磯辺通1-1-37

TEL 078-265-1063  FAX 078-265-1233

 

豆腐加工適性試験の詳細についてはこちらをクリック願います。